忍者ブログ
あってはならない、否定できない可能性――最悪の終末。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

#24
【IF Another despair】渦中の天蛟

「あはははははは!!!」
「ちょっと、まずいかも、ね!」
「凌ぐんです!凌げば、後は任せなさい!」
「……(^^)」
 
事態は混戦の様相を呈していた。
十数人を率いて嵐公女に追撃を仕掛けた『幽霊せせり』と丘・敬次郎は、『銅』の横槍に足並みを乱された。
『嵐公女』の扱う念動剣達を後続が受け止め、第二波を受け止めた剣で更に弾く。
その段階までは到達したが、『銅』と『幽霊せせり』の予期せぬ交戦に、丘の足は一歩止まっていた。
躊躇ではない。援護の水刃手裏剣を放つため、立ち止まらざるを得なかった。
『幽霊せせり』一人ではどうにも手に余る相手だと、丘は知っていたから。
これは電撃戦。
埒外の攻撃力を持つ『嵐公女』に対し、もっとも消耗を少なく決着をつけるには、速戦速決しかない。
止まったのは唯一度。丘は風の城の主、『嵐公女』に突撃した。
 
「(^^)……。」
「……!」

丘は見た。
『嵐公女』の目を。彼女の視線を。
彼女は、自分を見ていない。景色を、見ている。
自分の剣を受け止める十数人の能力者。突進してくる丘。小競り合いしている『幽霊せせり』と『銅』。
 
その全て。
 
「伏せ、」
「消えてください(^^)」
 
丘の叫びより早く、呼び声は完成。
その瞬間、彼女が荒らした大地から、無数の燐光の飛礫が視界を覆った。
 
白燐拡散弾。
 
 
 
『幽霊せせり』と『銅』は、『嵐公女』と間合いがあったため被害は軽微ですんだ。
そのために、両者は驚愕することになる。
 
「う……あ……。」
うめき声は、丘・敬次郎のもの。
『幽霊せせり』は、丘以外のものが食い尽くされてしまっているのを見て驚愕した。
念動剣を受け止めていた十数人は最早僅かな肉片となり、丘も全身から血を噴出している。
「なんてこと……。」
 
『銅』は、丘が食い尽くされていないことに驚愕した。
『嵐公女』の目の前で、夥しい血を流しながらも尚も折れず、立っている。
並の能力者なら文字通り消えてなくなってしまうような蟲の洪水に、耐えた。
「……何、なんだ、あれは?」
 
互いの言葉に顔を見合わせたが、闘気は既に散ってしまっていた。
 
 
「なかなかステキな、隠し玉、でした……。」
 
丘は笑う。飛び散った血が、ツーテールに付着し滴っている。
消えて、と再度呟き始めた『嵐公女』の肩越しに、丘は彼方を指差す。
 
「あそこに、『祈らず』、が。
います♪」
 
『はじくん』の怨敵の名前に、『嵐公女』は首を向けた。その一瞬、降り注いでいた雨が丘の体に集結する。
それを、光の束が貫いた、が。
 
「霧影分身術……!」
 
牙道砲を撃った『銅』が歯噛みをする。
貫かれた丘の姿は、集結した水もろとも霧になって消えた。
衝撃音に反応して向き直った『嵐公女』だが、そこには丘の姿はない。
彼は。
その背で。印を組んでいた。
 
――――水『神』手裏剣
 
水流が大地から伸び上がり、『嵐公女』を飲み込んだ。
蛟を象ったそれは、激しく渦巻きながら『嵐公女』を斬り裂き、天に巻き上げ地に叩き伏せる。
意識を飛ばした『嵐公女』の横に、丘は膝を付く。
 
「ふう。」
 
彼女が蟲を地面に仕舞っていたのと同様に、丘もまた、地面に染み込んだ水分を我が物としていたのだ。
 
「……。」
 
しばしの逡巡の後、『銅』は逃げた。あの冗談のような拡散弾に耐えた男だ。手負いとは言え、底が見えない内に手を出すのは阿呆のやること。
 
「先っ、ぱーい!」
 
搾り出すような声が、街田を呼ぶ。
 
「すみませんが、先に『祈らず』のところ言っててくれませんか。
……ちょっと、休みたい……。」
「……わかった。奏甲を、」
「構いません、早く行ってください。
……こいつ、まだ死んでない。先輩が近づいた途端に息を吹き返すとか、困るんで。」
「……そうか。じゃ、気をつけて。」
 
『幽霊せせり』はそう言って、予定通りのルートを走り始めた。
残されたのは、膝を付く丘と、気絶した『嵐公女』。
 
「さて、ほっとくとまた根付いて復活しちゃうんですよね……。」
 
びくびくと既に根を伸ばし始めていた彼女の体を、ナイフで引き裂く
あふれ出る銀の血液を、丘は啜った。
その体を貪るように。
 
 
「僕は、オカケイジロウ、だ。」
 
か弱く痙攣する『嵐公女』の体の上で、彼は呟いた。
 
「悪魔の魂持つ体。簡単に砕けるわけ、ないだろ♪」
 
銀の滴る『嵐公女』の体を肩に抱え、丘もゆっくりと歩を進める。彼女の尚止まらない脈動を感じながら。
数日前リリスに齧られた首筋を撫でたが、もう跡も残ってはいなかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< #25 HOME #23 >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最古記事
最新記事
(09/03)
#26
(05/26)
(03/15)
#25
(03/15)
#24
(03/15)
最新コメント
[06/10 特高のイヌ]
[10/29 記録者]
[10/25 あやなか(絢音の中の人)]
[09/20  特高のイヌ ]
[09/17 比留間の中の人]
最新トラックバック
カウンター
忍者ブログ [PR]